お墓

数ある霊園の中から優良なところを選ぶポイント

希望する人が多い

お墓

雰囲気が良い

共同墓地である霊園にお墓を建立する人がひと昔前から多くなりました。明治頃に建てられたお墓の納骨スペースの空きが少なくなってきていることもその理由のひとつとして考えられています。また、以前とは異なり家に縛られないという考え方も新たにお墓を建立する人が増えていることも要因とされています。神奈川には多くの霊園があり、永代供養を請け負ってくれるタイプもあるようです。最近は、自分が亡くなる前に生前のお墓、寿陵として建てている場合も多く、終活の一環として考えている人も少なくありません。神奈川の特に都市部から近い霊園は公園墓地と呼ばれるものもあり、ピクニック感覚でお参りに行けるという点でも多くの人に希望されています。

費用を抑えられる

基本的にお墓を建立するというのは費用を必要とします。現代では、その費用をあまり多くかけられないとして様々な選択肢が提示されるようになりました。共同墓地のひとつである納骨堂などはその代表的なもので、これは永代供養をしてもらえる場合が多いので故人も遺族も安心できる選択肢のひとつとなっています。また、霊園にはいくつかの種類があり、神奈川でも民営と公営の場合は宗教を問わないことが一般的なので利用しやすくなっています。寺院にも墓地がありますが、霊園のほうが少ない費用でお墓を建立することができるそうです。同時に、神奈川を含め全国的な傾向として、不便な場所から交通アクセスの良い霊園墓地にお墓を移動させることが増えていると言われています。